トップ > 0 そば打ちの方法 > 蕎麦(そば)打ちを楽しもう

蕎麦(そば)打ちを楽しもう

蕎麦の原料となる穀物の「ソバ」は、奈良時代より
以前に大陸から伝わりました。

蕎麦はこの「ソバ」の実を加工したものです。

江戸時代より少し前、今のように細く切ったもの
ではなく、ソバ粉を練っただけの「蕎麦がき」が
茶の席などで出されるようになりました。

栄養価が高く健康によく、また子どもでも簡単に
作れることから江戸時代に入り一般に広まり庶民に
愛されるようになります。

このように日本料理の代表食であるそばの歴史は
古い物です。


蕎麦の材料は「そば粉」「つなぎ」「水」でつなぎ
として用いられる小麦粉の割合によって、十割蕎麦(
生粉打ち蕎麦)、九割蕎麦、八割蕎麦(二八蕎麦)、七割
蕎麦、六割蕎麦のように、呼び名が変わります。

小麦粉のほかに、蒟蒻や山芋、布海苔などが「つなぎ」
に使われ、素材によって異なる独特の食感を楽しむ
ことができます。

「蕎麦つゆ」は、地方によって味や濃さ、味、出汁に
使われる材料など異なります。

特に関東と関西では、その違いが顕著に見られます。

蕎麦(そば)だけでなく、手打ち蕎麦をゆでたお湯「蕎麦湯」まで
楽しむのが一般的ですが、これは蕎麦をゆでた際にお湯に
流れ出でた、蕎麦に含まれているアミノ酸スコア92%・必須
アミノ酸などの豊富な栄養成分を残さず頂くためです。


蕎麦(ソバ)を手打ちで作るには

・そば粉
・小麦粉
・打ち粉
・水
・まな板
・麺棒
・鍋
・ザル(竹やステンレス製)

などの材料・道具が必要になりますが、手打ち蕎麦を作る
時間が無い、手軽に食べたいという人のために、家庭用の
「手打ち蕎麦メーカー」などがあるので、そちらを利用する
という方法もあります。

必要なスペースは手打ち蕎麦メーカーを置く場所だけ。

たったの20分程度で、まるでプロが作ったかのような
麺が出来上がります。

あとは、お好きな硬さにゆでるだけで自宅で手軽に簡単
手打ち蕎麦を楽しむことが出来ます。



この記事のカテゴリーは「0 そば打ちの方法」です。
そばの打ち方やそばの基礎についてまとめています
関連記事

そば打ち台にこだわる

古くから、美味しいだけでなく健康にも良いと 庶民に愛されてきた蕎麦を、自分で打つ...

そば打ちセットを使ってみよう

古くから、美味しいだけでなく健康にも良いと 庶民に愛されてきた蕎麦を、自分で打つ...

そば打ちの道具をそろえよう

古くから、美味しいだけでなく健康にも良いと 庶民に愛されてきた蕎麦(そば)を、自...

そば打ち教室に参加してみよう

古くから、美味しいだけでなく健康にも良いと 庶民に愛されてきた蕎麦を、自分で打つ...

更新履歴

この記事のカテゴリーは「0 プライバシーポリシー」です。2013年01月21日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「0 熱帯魚の飼育方法など」です。2009年03月20日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「0 熱帯魚の飼育方法など」です。2009年03月19日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「0 熱帯魚の飼育方法など」です。2009年03月18日に更新しました。

カテゴリー
サイト内検索