トップ > 0 そば打ちの方法 > そば打ち台にこだわる

そば打ち台にこだわる

古くから、美味しいだけでなく健康にも良いと
庶民に愛されてきた蕎麦を、自分で打つことが
出来たら素敵ですよね。


「手打ち蕎麦」を作るには、
・蕎麦粉選び
・水回し
・捏ね
・のばし
・切り
・茹で
の6つの作業があります。

美味しい手打ち蕎麦(ソバ)を作るには、蕎麦を作る技術や
コツ、専用の道具、手順どれ一つとっても欠かす
事ができる部分はありません。

そば打ち初心者であれば、蕎麦(そば)作りの技術が身に
ついていることは無いでしょうから、まず道具・
手順を完璧にするところから入ります。

麺棒や蕎麦粉、包丁に本鉢にこだわる人は多いと
思いますが忘れがちになるのが「そば打ち台」です。

平たく、広いスペースがあればどこでもいいだろう、と
テーブルで済ませる人もいるでしょう。

ですが、「そば打ち台」はいわば桧舞台。

美味しい手打ち蕎麦を作りあげるために無くては
ならない舞台なのです。


最近では、省スペースタイプの折りたたみ式のものや
そば打ち道具を収納できる引き出しつきのもの、麺棒が
転がらないようにくぼみがあるものなど、様々な
タイプのそば打ち台が市販されています。

まず、そば打ち台を選ぶ上で何より重要なのが
そば打ち台の高さです。

高すぎると上手に力を入れられませんし、低すぎると
腰に負担がかかります。

理想の高さは、自然に下ろした手首の位置あたりに
そば打ち台の表面・トップがくる程度
です。

次に大事なのはそば打ち台の表面です。

一見、そば打ち台は面が真っ平であればあるほど
良いようにも思えますが、少々「たわみ」がある
ぐらいのほうが、蕎麦を打つ際体にかかる負担を
軽減してくれるそうです。

また、少し手前に向かって傾きがあるほうが
蕎麦を麺棒で伸ばす時に楽に作業できるでしょう。

もし、そば打ち台をテーブルの上に載せる、または
テーブル状のそば打ち台の場合は向かって向こう側
の両脚の下にボール紙などを敷いて、傾きを出すと
良いでしょう。


そば打ち用 麺板(めんいた) 桐足付き Lサイズ(80cm×90cm×高さ6cm)【蕎麦打ち道具】送...

この記事のカテゴリーは「0 そば打ちの方法」です。
そばの打ち方やそばの基礎についてまとめています
関連記事

そば打ち台にこだわる

古くから、美味しいだけでなく健康にも良いと 庶民に愛されてきた蕎麦を、自分で打つ...

そば打ちセットを使ってみよう

古くから、美味しいだけでなく健康にも良いと 庶民に愛されてきた蕎麦を、自分で打つ...

そば打ちの道具をそろえよう

古くから、美味しいだけでなく健康にも良いと 庶民に愛されてきた蕎麦(そば)を、自...

そば打ち教室に参加してみよう

古くから、美味しいだけでなく健康にも良いと 庶民に愛されてきた蕎麦を、自分で打つ...

更新履歴

この記事のカテゴリーは「0 プライバシーポリシー」です。2013年01月21日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「0 熱帯魚の飼育方法など」です。2009年03月20日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「0 熱帯魚の飼育方法など」です。2009年03月19日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「0 熱帯魚の飼育方法など」です。2009年03月18日に更新しました。

カテゴリー
サイト内検索